ヨーガのすすめ 佐保田鶴治師の言葉 | R-YOGA ブログ

ヨーガのすすめ 佐保田鶴治師の言葉


万物の創造主は人間のあなを外向きにあけた
それで、人間は外の方を見るだけで、内の方を見ようとはしない
唯だ賢明な人たちだけが、眼を内へ向けて真我を見る
(ウパニシャッドの言葉)

昔の賢い人は、自分を見つめることを知らずに、外部のことばかりに没頭して暮らしている俗物的な人生を、酔生夢死と呼んだ。

この酔生夢死的な生き方は現代文明の進歩につれてますます力強く成長しつつある。
朝目が覚めるとラジオ、テレビ、新聞にかじりつき、朝食もそこそこに家を飛び出す。
ラッシュの人波にもまれてオフィスに着くと、そこには忙しい仕事が待っている。
疲れて家に帰り着くと、テレビが寝るまで彼らのお相手をする。

こんな有様だから現代人はもう本気で自分と取り組むことが出来なくなっている。

われわれはここで、
「自分にかえる」
「自分を探究する」
「自分が生きているということの真の意味を考える」
「自分の内面構造を観察する」
といった、ココロの内向的航路を再開し、
外向き一辺倒の風潮にブレーキをかける必要がある。

そういう自己反省の必要を感じたとき、最も安全で、しかも簡便な方法を教えてくれるのはヨーガである。

ヨーガは自己を探究し、そして開発する技法なのである。

「ヨーガのすすめ 佐保田鶴治著」より抜粋


何のために生きているのか?
人生とは何なのか?
子供の頃からそんな事ばかり考えてきた、周りからしたら変人の私ですが(笑)
ヨーガに出会い、改めて自分の内側に目を向けることの大切さを学ばせて頂いていますキラキラ

忙しい日常の中で
「自分にかえる」時間に
ぜひヨーガはいかがですか?

http://r-yoga.nagoya/
読んで下さってありがとうございますm(__)m

RIE虹





| 23:16 | comments(0) | - | pookmark |
Entry: トップ  << >>
スポンサーサイト
| 23:16 | - | - | pookmark |

Comment









メニュー
Page top
モバイル表示