つれづれに | R-YOGA ブログ

何のためにヨーガをするのか?


先日、ソファを持ち上げて腰を痛めて以来、まだ完治はしていないのですが、腰を痛めることによって学びもたくさんありました。


体を痛めてしまったら大好きなヨーガが出来なくなってしまいます。当たり前のようにできていたポーズも出来なくなって、色々と考えさせられました。


膝や肩が痛いという方、腰や股関節が痛いという方。

そんな不自由な箇所を抱えながらヨーガをする方の

立場や気持ちをリアルに体感しています。


日常生活で負荷をかけすぎて体を痛めてしまうこともあれば、ヨーガで自分の限界を超えることにこだわりすぎて、体を痛めてしまうという事があります。しかしこれでは本末転倒です。


でも、ヨーガを続けていく中で、ポーズの完成に

こだわっている自分に気づきます。

ひとつ完成したら、もっと複雑なポーズへ。それが出来たら、また次・・・。

そんな事を繰り返すうちに目的がすり替わってしまうのです。


ヨーガでは誰とも競わない、比べていないはずなのに

気づいたら、他の誰でもない自分自身と闘ってしまっているのです。

こんな自分ではだめだ、だからもっともっと上を目指さないと!と今の自分を否定しているのです。


結局、自分自身との関係がヨーガにあらわれてくるという話です。自分を大切にせず、知らず知らずに自分を痛めつけているのです。


私も厳しい修行の中で、体を痛めつけながら相当自分を追い込んでいた時代があります。

私は文化系の人間で、運動が苦手。

体も硬くて筋力もなかったのです。だから必死でした。

もちろん、その時期があったから今があるのですが、やはり相当自分を痛めつけて虐めていたのです。


私自身の深い反省も含めて、やはりそれは間違った方向。ヨーガの八支則からかけ離れているのです。


硬いなら硬いままで、

出来なくても、かっこ悪くたってそのままで

自分を本当に大切にする、自分自身を慈しむヨーガでありたい。R-YOGAをそのように進化、深化させていこう!と決めました!



| 22:28 | comments(0) | - | pookmark |
Page: 1/3   >>
Page top
モバイル表示